夢藤哲彦の日々の活動から、驚いたこと発見したことを書いていきます。

2010年1月〜  4月〜  6月〜  8月〜  11月〜
2009年12月26日(土)
思い出は 作って残すもの……

12月24日 ホテル日航姫路
姫路ゾンタクラブのチャリティー・ディナー・コンサートで佐藤陽子さんの伴奏をしました。
ゾンタクラブは、女性の地位向上に協力し合う世界的な奉仕団体で、黄色のバラがシンボル。


 実は、姫路で泊まるのはこの20年間で4回目、そのうち3回はクリスマスの頃です。

「いつの日か、このホテルでも泊まったり、演奏できたらいいなあ」と思っていました。
姫路の皆様のお気づかいのおかげで、望みがかなった上に、気持ち良く演奏できました。

親切にして頂いた感激は、音楽家がやっていることと同じで、写真で表現できにくいですね。
代わりに?ホテルのパン屋で買ったクリームパンをご覧下さい。となりの・・・のようです。

2009年12月26日(土)
善男善女が集まりました。 ありがとうございました。

12月19日 岡崎市 小原建設 葵丘(ききゅう)会館
 恒例となった佐藤陽子ヴァイオリンコンサートの伴奏をさせて頂きました。
ふわっと明るく、なごやかなひとときとなりました。今年からグランドピアノです。
岡崎は、名古屋から東京方向へ電車で30分、あの徳川家康の故郷です。

12月19日 常滑(とこなめ)市 タイルの博物館
 トイレ、洗面台などでおなじみ「イナックス」の 世界のタイル博物館で
セラミック製フルート、ヴァイオリン・チェロの伴奏、佐藤陽子さんの伴奏をしました。
とても寒い日に、熱心に耳を傾けて頂いたお客様、心のこもった運営を
して頂いた関係者の皆様に厚く感謝しております。

12月20日 一色町(いっしきちょう)公民館   お茶のあいや ふれあいコンサート
 テノール歌手・畑儀文(はた よしふみ)さんの歌われる日本の名歌を、
ヴァイオリン、オーボエ、チェロ、ピアノの4人合奏で伴奏しました。
誠実で、くつろいだ呼吸で包んで下さるお客様を前にして、
畑さんは「気持ち良く歌えた」と喜んでおりました。

 一色町は、ウナギの生産量が日本一です。名古屋駅で売っているお弁当にも、
一色町産シールが貼られています。
演奏会を応援して頂いている お茶のあいや ホームページも ぜひご覧下さい。

2009年12月8日(火)
年末の ジャンボほどで なくっても 切符が売れる いとありがたき

 宗次ホール12月20日 佐藤陽子演奏会切符の売れ行きが良いそうで、
とても感謝しています。

お力添え頂いている プランディール音楽事務所 から電話がありました。
(グーグル、ヤフーで検索できるのも、プランディールさんのおかげです)

誠実で心のこもったピアノ伴奏を目ざして準備しています。


伴奏の名人が書いた本から「お役立ちアドバイス」を精選して、夢藤の経験を交えて
書いてみたい、と思っています。

2009年11月27日(金)
本物なのに…そう見えない映像

練習している曲は、どういう場面の曲?と YouTubeで探してみました。
ユー・チューブは、投稿された数分の映像が 簡単に探せて見られる
ホームページです。
便利とはいえ、その部分だけの不鮮明な映像なので、
わかったような、わからないような…
作品の空気感は、時間をかけて味わっていくしかないですね。

以前に取り上げたクリスマス・ソングも見てみました。
映画と同じ映像なのに、受ける感興、細部の良さが全然違いました。

「こんなはずではない」YouTube 映像といえば、つつみあつき さんとの
ハンガリー舞曲5番も見られます。ご覧になった方も多いですが、
見た目本人なのに、自分達じゃないみたいに のめりこんで動いてます。

2009年11月20日(金)
若干修正にも、手間と時間が……

ホームページを快く見て頂けるよう、迷惑かけないよう、修正するのに追われていました。
 ・文字の配置を、変えました。まん中にそろえました。
 ・「失敗しないために」等、否定語は、関係ない検索に引っかかるので、言い換え
 ・「ページのタイトル(欄外の青色部分)」と「一番最初の紹介文」が重ならない工夫
 ・面識のない人にも読んで欲しいページは、曲名とテーマを強調して、夢藤色を薄く
始めた頃おそろしく不人気なページ(映画など)も、最近そこそこ読まれるようになり
ホッとしています。
関心を持って応援して下さる皆様のおかげです。ありがとうございます。

2009年11月14日(土)
クリスマス・ソング

White Christmas
名曲「ホワイト・クリスマス」を世に広めた映画「スイング・ホテル」(1942)を見ました。
趣向をこらした楽しい映画です。(白黒映画なのが残念)
「ホワイト・クリスマス」の場面は2か所あり、曲のイメージ通り、しんみりとして
キュンとなります。
アステアがクルクル回ると、燕尾服のしっぽが、活きのよい魚みたいに踊る…
ふだん目にしている燕尾服とは、えらい違いで、
カルチャーショックでした。

Have yourself a merry little Christmas
映画「若草の頃」のクリスマス・ソングは、一般に知られていませんが、好きです。
引っ越しでの別れが数日後に迫っている中、オルゴールの音を伴奏に歌い始めます。
「今は、ひたすら悲しみを耐えて  クリスマスを ささやかに 祝いましょう 」
歌唱、演技、映像美、編曲が「凄すぎる!」というレベルなので、
この曲を歌ったり弾いたりするのは、無理かなあ …

夢藤が 世話になっている床屋さんは、子供時代に民謡を歌っていたそうで
音楽のたしなみも、人一倍あるようです。
カミソリでひげを剃ってもらっている時、「お客さん、鼻のあたまが少し赤いねえ」と
言われたので、「オレ、本当はトナカイなんだ。」と、さりげなく言い返してみました。
カミソリの動きが いつもと違うようで、少々不安になりました。
「私はプロの中のプロですから、お客さんが何を言っても影響されません。」
と 笑いながら 無理に 強調していましたが…

2009年11月3日(火)
富士山近くの市名当てクイズ

1)田子の浦や新幹線「新富士」駅があり、製紙工場が多いのは?

2)遊園地富士急ハイランドがあり、山梨側観光拠点になっているのは?

3)富士山を御神体にする巨大神社があり、「焼きそば」で有名なのは?

先日は、富士宮(ふじのみや)市で佐藤陽子さんの伴奏をしました。
楽屋弁当にも焼きそばが添えられており、ソース味 香ばしかったです!
市内のどこを歩いても富士山が近くに迫りくるので、畏怖敬愛を感じます。
清聴して下さったお客様はもちろんのこと、
市長様、教育委員会とボランティアの皆様に、お心をつくして支えて頂き
ました。
池田満寿夫さんの思い出が聴けてうれしかったとのお声も頂戴しました。
  クイズの答え 1)富士市、 2)富士吉田市、 3)富士宮市

2009年10月26日(月)
旅の楽しみ・九州福岡

東京駅や羽田空港から、どこに出かけても、所要時間は あまり変わらないように感じます。
なので、その土地土地の個性に触れると、うれしくなります。
今回訪れた大野城市は、福岡市の中心部から電車で14分、春日原(かすがばる)駅で
降ります。
「…原」を「…ばる」と読むのは、東国原知事で有名になりましたが、不思議。
商店街には、こんな立て看板…おつまみ専門店でクジラのハムを売っているようです。

ムトウなのに甘党なので、演奏会の後、福岡空港へ向かう途中の駅で降りて、
念願の16区・ダックワー
ズを買ってきました。単独で食べるとあっけなかったので、
温かいミルクと一緒に食べてみて、
天にも昇る絶妙の口どけを楽しみました。

2009年10月26日(月)
まどかぴあへお越しの皆さま、ありがとうございました

大野城市「まどかぴあ」での佐藤陽子ヴァイオリンコンサートでは、
たくさんのお客様に楽しんで頂きました。ありがとうございました。
お花束を頂いて、「60過ぎると楽しいことは、ほとんどないのよ」と
強がっていた人もいたようですが、
目玉と空気の間がとても厚くなってました。
すぐ後ろでボーっと立っていた者として、御礼かたがた ご報告申し上げます。
九州の皆様の暖かいお心に応えられるよう、今後も励んで行きたいと、
思っております。

2009年10月25日(日)
グーグルで検索できるようになりました!

ホームページを作るようになって、初めてわかったことがあります。
先輩格のホームページやブログに紹介されないとグーグル、ヤフーには載りません。
紹介者が必要になるようなものです。

ネット上には、怪しげなリンク集へ登録するのを、巧妙に推める記事があったりします。
現在、そんな場所に手を出すと検索サイトから最悪「出入り禁止」になる場合があります。
タダで得られるネット情報や内容の古いガイド本の危険も今回感じました。

2009年10月18日(日)
交響的変奏曲の演奏会、聴きました

1月に弾く、フランク作曲「交響的変奏曲」を都響の演奏会で聴いてきました。
ダルベルト氏のピアノは、サントリー大ホールで第オーケストラと共演しても
充分味わえました。 それぞれの音色で、強弱が自由自在。 見事!
奇跡のドラマが起きているような、神々しい光でまぶしければ… 高望みかも。

2009年10月15日(木)
飛行機の切符、自宅で印刷できました

飛行機の切符、夢藤の自宅パソコンで印刷まで出来ました。
右上の四角いバーコードを見せるだけで全部OK!
以前は、歩いて5分の駅の「みどりの窓口」で買って、
旅行当日にトランクをゴロゴロ転がして、空港のとても片隅にある
遠い窓口で飛行機用切符
に交換していました。
便利になりました。

夢藤哲彦ホームページ トップ  ピアノ協奏曲演奏法・曲目  伴奏者の仕事部屋
Copyright(c) 2009 Tetsuhiko Muto All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責および著作権は夢藤哲彦に帰属します。